HOME学校案内

建学の精神

生徒が主役〜あなたの生きる力育てます〜

学校案内

「建学の精神」創立者松前重義の情熱と思想

 東海大学の創立者松前重義博士は、青年時代に「人生いかに生きるべきか」と悩み、その答えを模索しました。そして。その過程で出会った、近代デンマークにおける教育を期間とした国づくりの歴史に啓発され、自らの人生を教育に捧げることを決意したのです。
 1936年、松前博士は「望星学塾」を開設し、「四つの言葉」を掲げて、対話を重視し、ものの見方、考え方を養い、身体を鍛え、人生に情熱と生き甲斐を与える教育をめざしました。これが今日まで続く、本校の原点です。
 松前博士は「四つの言葉」のなかで、身体を鍛え、知能を磨くとともに、人間、社会、自然、歴史、世界といったものに対する幅広い視野を持って、一人ひとりが人生の基盤となる思想を培い、人生の意義について共に考えつつ、希望の星に向かって生きていこうと語りかけています。

  • 部活動BLOG
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • TOKAI MOVIES
  • パンフレット請求
  • お問い合わせ
  • 東海大学
ページのトップへ